薄毛・抜け毛対策の男性・女性用育毛剤で発毛促進

発毛

hatumou

発毛とは、髪の成長サイクルの一パターンである。
頭皮にある毛穴から髪が生えること。発毛の前には脱毛があり、一般的には、「抜けた髪が新たに生えること」を発毛と言う。

発毛は、毛根に含まれる毛母細胞が発毛シグナルを発生させることによって、毛母細胞や毛乳頭細胞が刺激され、活性化。発毛に繋がるというメカニズムである。
毛母細胞が発毛を始め、他の様々な髪の成長サイクルのそれぞれを管理している。そのため、毛母細胞が傷つくと正常な発毛が行われなくなる。

育毛

育毛とは、髪の成長サイクルの一パターンである。
生えている髪の生育を促すこと。育毛の前には発毛があり、一般的には、「発毛した髪を長く、太く成長させること」を育毛と言う。

育毛は、毛乳頭が血管から髪の育成に必要な細胞を受け取ることで行われる。毛乳頭が吸い上げた栄養は毛母細胞に行き渡り、毛母細胞が分裂をする。分裂した毛母細胞は髪を上に押し上げるため、髪が長く、そして強くなるのである。
毛母細胞が傷つくと、毛乳頭から栄養を渡されても分裂することができなくなり、髪の成長が止まってしまう。また、育毛が行われなくなると髪が抜けやすくなってしまうため、薄毛に繋がる可能性がある。

脱毛

datumou

脱毛とは、髪の成長サイクルの一パターンである。
育ち終えた髪が抜け落ちること。脱毛の前には育毛があり、一般的には、「成長しきった髪を再生させるために一度抜け落とすこと」を脱毛と言う。

一つの毛穴からは一本の髪しか発毛することができない。したがって、髪を再生させようとすると、すでに生えている髪を一度脱毛させ、毛穴を開けなくてはならない。
健全な髪の状態でも、必ず脱毛は行われる。髪の成長サイクルを4年程度と考えると、一日に平均、七十本前後の髪が脱毛していることになる。

脱毛は、頭皮や毛穴、毛母細胞、毛乳頭など髪の生育に関する機能が損なわれてしまった場合、サイクルを崩す勢いで起こる可能性がある。
発毛の遅れ、または育毛の不足が慢性化すると、脱毛のサイクルだけが過剰となり、薄毛となる可能性がある。